立秋、夏にダメージ受けたお肌対策大丈夫ですか?

| トラックバック(0)

皆さん、今日は。千田です。

オリンピックも、お盆も終わり、暦の上では立秋で、
もう秋ですね。
夜は窓を開けて寝てると、少し肌寒く感じますね。

でも真夏のつけは、今対策しておかないと大変なことに

この夏紫外線たっぷり浴びて、
肌の方も防御機能として、
メラニンを作り出し、
紫外線のダメージを少しでも
少なくしようと、健気に働いてくれます。

新陳代謝が活発な若い人は、約1ヶ月で
肌も生まれ変わりますが、
加齢とともに、その時間が長くかかり、
時には出来てしまったメラニン色素が
排出できずに、肌にシミやくすみとして沈着してしまいます。

今なら間に合います。

まず代謝機能を高める。
その為には血液の流れを良くして、
体の隅々まで栄養を届ける。

s-cassisproduct.jpg

その為にトレボルカシスが効果的です。

yakuyoubihaku.jpg次にすることは、酸化して黒くなった
メラニン色素を還元して、
元の透明なチロシンに戻してあげる事です。

それにぴったりな商品が、
ルバンシュ薬用美白スポッツです。

これで貴方も美白美人の仲間入り。



?