幸福度研究ってなんでしょう?

| トラックバック(0)
皆さん、今日は。千田です。

先日自主上映の「happy」を見てきました。
非常に良い映画でした。
内容はこれから見る人のために書きませんが、
印象に残ったものを上げてみます。

1.幸福度研究という学問がある。

私は幸福というものは、心の充足だと思っていたので、
それが定量化出来るとは思っていなかった。

2.先進国の中では、日本が一番幸福度が低い。

私は日本人に生まれて幸せだと思っているので、
この結果はショックでした。

3.与えることによって幸せになる。

この映画の中で、イギリスのバンカーが銀行辞めて
インドのマザーテレサの家でボランティアしています。
その人のインタビューが印象的でした。

「お金を沢山稼いで、沢山消費していた頃より、今のほうが幸せ」

この言葉に真理が隠されているように思います。

人のために尽くし、そのことで人が喜んでくれる。
そのことで、自分も幸せになる。


私が考える「幸せ」は心身共の充足だと思ってます。

心だけでなく、体の健康も、幸福の大切な側面です。


トレボルの正式名称は「トレボル・デ・クワトロ・オハス」

スペイン語で四つ葉のクローバーを意味し、
皆さんの幸せを願って名づけました。

02.jpg





?